スポーツ競技人口の世界ランキングTOP5 一番人気のスポーツはなに?

  • 2021年5月27日
  • 2021年9月17日
  • 雑学

皆さん、スポーツはお好きですか?

選手としてプレーをする人や健康のためにやっている人など、様々な理由でスポーツとの触れ合いがあるかと思います。

スポーツの中にはメディアに取り上げられやすい人気のスポーツや、あまり知られてはいないマイナーなスポーツなどがありますが、実際に自分が好きでやっているスポーツがどのくらいの競技人口があるか気になりませんか?

そこで今回は「スポーツ競技人口の世界ランキングTOP5」をまとめてみました。

自分の好きなスポーツがランクインしているか確認してみてくださいね。

1位 バレーボール

まず1位のスポーツはバレーボール約5億人になります。

バレーボールが1位なのは意外だと思った方が多いのではないでしょうか。

実は私もその一人でサッカー野球などに比べたらテレビで見る機会もあまりなく、ここまで競技人口が多いのは意外でした。

しかし、他の人気スポーツを押しのけての1位なので、相当な根強い人気があるのでしょう。

また、バレーボールは男性よりも女性の人口の方が多いのが特徴です。

スポーツを知るきっかけとして多いのは学校での部活動が挙げられますが、中学・高校生の男子バレーボールの競技人口は、女子の1/3程しかいないそうです。

他のスポーツと比べると極端に女子が多いスポーツは珍しく、どうしても男子は野球やサッカーなどの人気どころに流されてしまってます。

ですが、最近では男子バレーボールを題材にした漫画が多くあり、その人気が今の男性のバレーボールへの関心を増やしています。

世界的に見たらこんなにもバレーボールは人気があるので、日本の中でも他の野球やサッカーなどに負けないくらいの人気の波がいつかくるかもしれませんね。

2位 バスケットボール

2位のスポーツはバスケットボール約4億5000万人になります。

バスケといったらNBAアメリカを考えてしまうほどアメリカの影響力が強く、日本でもそれなりの人気を誇っています。

学校の部活動などでは、野球やサッカーと肩を並べるほど人気で、インターハイなどは毎年大きな盛り上がりをみせています。

ただ、日本国内の男子プロバスケットボールリーグである「Bリーグ」が少し盛り上がりにかけるところがあります。

なぜ盛り上がりにかけるかというと、世界という舞台に出ると思うように活躍ができていないからです。

やはりスポーツといったら世界大会に注目が集まるため、日本のバスケの実力が海外に匹敵することがなければ、メディアに出る機会が少なくなり、結果としてプロへの注目が集まりにくくなります。

そのため、日本のバスケの実力が国内の人気に直結しているのです。

しかし、ここ最近ではビックニュースもあり、2019年に世界トップリーグである「NBA」のドラフトで八村塁選手が日本人史上初めての指名を受け、多くのメディアに取り上げられました。

これをきっかけに、どんどんと日本のバスケの注目が高くなり、バスケの良さがもっと広まって欲しいですね。

3位 卓球

3位のスポーツは卓球約3億人以上いると言われています。

競技人口や卓球の人気などにもっとも影響があるのはやはり中国になります。

卓球王国とも呼ばれる中国は、男女ともに世界ランキング「個人」「チーム」どちらも1位を独占しています。

しかしながら日本も負けておらず、世界のチームランキングでは2位、個人の世界ランキングでは男子の張本選手が4位、女子の伊藤選手が2位と世界を相手に大きな活躍しています。

また、一昔前には少しマイナーなイメージがあり、地味なスポーツとも呼ばれていましたが、今では卓球の人気がすごく高くなっています。

主に影響を与えたのは福原愛選手で、平成18年から毎年徐々に増え続けているそうです。

なかなか中国の壁が高いですが、日本が1位を奪還する瞬間はそう遠くはないかもしれませんね。

4位 クリケット

4位のスポーツはクリケット約3億人になります。

主にインドを中心に世界100ヵ国で盛んなスポーツであり、日本ではほとんど知られていないだけで、とても人気のあるスポーツです。

また、このスポーツは発祥の地がイングランドで、野球の原型となったスポーツといわれています。

野球の原型ともあって、ルールは少し野球に似ています。

簡単にいえば、上の写真の感じでピッチャーが投げたボールを打ち返して点を取るスポーツです。

もっと細かいルールがちゃんとあるので気になる方はぜひ調べてみてくださいね。

5位 サッカー

5位のスポーツはサッカー約2億6000万人になります。

競技人口は関係なく、世界で人気No.1の呼び声高いサッカーは、世界中で愛されているスポーツです。

特に4年に1度行われるワールドカップは、オリンピックと並ぶほどの注目度があります。

なぜここまでサッカーに人気があるのかは、シンプルさにあるのかと思います。

難しいルールを気にしなければ、手を使わないというルールを守るだけでサッカーができます。

また、野球などとは違って、ボールが一つあれば大人数で楽しむことができる、それが人気である大きな理由だと思います。

私的にはサッカーが1位でも良いのではなんて思ったりもしてしまいます。

今までサッカーに興味を示さなかった人も、次のワールドカップまでにサッカーの魅力を知ってもらいたいですね。

関連記事

あなたは雑学に興味がありますか?雑学なんて知らなくても困らないようなものばかりですが、人が知らなそうなことを知るとついつい教えたくなるのが雑学ですよね。今回の記事では日常におけるこれは意外と知らないんじゃないかなと思[…]

いかがでしたか?

なかなか予想外の順位だったと私は思います。

ちなみにここにはランクインしなかった大人気の野球約3000万人8位になります。

これを機に新しいスポーツを知っていくのも面白いかと思いますよ。

最新情報をチェックしよう!